ボランティア活動企画

第15回 長崎 原爆と戦争展

開催日時
2019年06月26日(水)
(10:00~18:00)
2019年07月01日(月)
(10:00~18:00)
※1日参加や半日参加も可能です。
場所・アクセス
長崎市民会館 地下1階展示ホール
内容
広島・長崎の原爆被害を伝えるパネル、第二次世界大戦の体験をまとめたパネル、遺品や市民提供物などの展示。会場内で被爆者の方たちが被爆体験を語ります。
ボランティアの主な内容は、会場設営(6/25)、会場受付、参観者の案内、被爆体験などの聞き取りなどです。
ボランティアで学べること
日常生活では聞くことのできない被爆や戦争の体験を直接市民の方から学ぶことができます。戦争当時、長崎がどのような状態にあったのか、市民はどのような暮らしをしていたのか、そして、体験した人たちが今の若い人たちに伝えたいことを知って頂き、自分なりの平和へのアプローチの仕方を考えて頂ければ幸いです。
交通費
食事
6/25のみ昼食支給
謝金
保険
やってみゅーでスク・U-サポで加入しているボランティア活動保険が適用されます。
その他
【服装】華美なものでなければ特に問いません。
※参加希望の日・時間を明記の上、お申し込みください。

被爆者や戦争体験を持つ世代は高齢化しており、生の体験を聞ける機会は限られています。ぜひ短時間でも多くの方にご参加いただけることを願っています。
募集人数
10~15名
募集締切
募集締切
団体名称
原爆展を成功させる長崎の会
参考資料
Copyright@ 2013 Yattemyu-desk, Nagasaki University, All Rights Reserved.